「彼氏に依存しているなぁ?」と感じる瞬間8パターン

8 Signs You May Be Obsessed with Him

いつでもどこでも彼氏のことを考えてしまうという方もいらっしゃるかもしれません。。ときには彼氏に依存し過ぎて、彼氏をウンザリさせている恐れがあります。しかし、彼氏への依存度は、自分自身では気づきにくいものかもしれません。そこで今回は、彼氏への依存度を認識し、自分自身の時間の使い方を考えるキッカケの一つとして、「『彼氏に依存しているなぁ?」と感じる瞬間8パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】時間があれば、彼のことを考えていると気づいた瞬間

    彼氏のことが好き過ぎて、常に彼氏のことを考えているパターンです。考えるだけであれば、彼氏に迷惑をかける可能性は低いですが、勉強や仕事に集中できていない可能性があります。「彼氏と会うために頑張る。」など、前向きな考え方をして、目の前のことに集中する必要があるのかもしれません。
  • 【2】「いつメールがくるのかな?いつ電話がくるかな?」と思っている自分に気づいた瞬間

    彼氏と会えなかったり、メールを送っても彼氏からすぐに返ってこないと不安になるパターンです。目の前に彼氏がいないため、妄想が広がり、不安が大きくなる恐れがあります。ケータイを見えないところに置くなど、彼氏の連絡を気にしないような工夫が必要でしょう。