ギャルがギャップを演出できる9冊のベストセラー本・マンガ

  • 【3】『龍馬がゆく』(司馬 遼太郎)

    出典:amazon.co.jp

    大河ドラマの題材になったことで、2010年は坂本龍馬ブーム。通常、ギャルと「歴女(勉強好き)」は対極にいるはずですが、漢字ばかりの長編小説『龍馬がゆく』を持ち歩くことで、偏差値が高そうな印象を与えることができるでしょう。