ギャルがギャップを演出できる9冊のベストセラー本・マンガ

個性的な格好や言動を好む人は、他人から偏見を持たれやすいものです。なかでも、見た目のパンチが強い「ギャル」は、時として世間からの風当たりが強かったりします。たとえば、本当はやさしいのに、なぜかやさしく見られないギャルも多いのではないでしょうか? そこで今回は、ギャルがバッグに入れているだけでギャップを演出できる、ベストセラーの本・マンガを9冊紹介いたします。

  • 【1】『1Q84』(村上春樹)

    出典:amazon.co.jp

    良くも悪くも、ギャルは豪快なイメージを持たれやすいものです。しかし、独特の世界観を描く村上春樹の著書をカバンに入れておけば、繊細な感性も持っていることをアピールできること請け合いです。言わずもがな、「この本、退屈で意味わかんなかった!」とか言ったら台無しです。