頻繁にデートに誘われ、困ったときのかわし方8パターン

「すみません、脈なしです・・・。」「ちょっと迷惑です・・・。」。男性から頻繁にデートに誘われたとき、このようにストレートに断れたら、どんなに楽でしょうか。実際は相手との関係もあり、なかなかこれほど思い切った発言はできないものです。しかし何もせずに悩んでいるだけでは、男性からのアプローチは止まらないでしょう。そこで今回は、頻繁にデートに誘われ、困ったときのかわし方を考えてみたいと思います。

  • 【1】仕事が忙しいことをアピールする

    男性に比べ、女性は仕事による体力的負担が大きく、「仕事が忙しい→休日は体を休めたい」というロジックが通りやすいものです。それでも誘ってくる男性に対しては、「女性の気持ちを理解できない人」という烙印を押し、デートを断ればいいのです。
  • 【2】相手が好意をアピールする前に「私、好きな人がいるの。」と伝える

    相手に脈がないことを伝え、デートの誘いを断る方法です。デートはあくまで交際のためのステップなので、その可能性を閉ざされた男性は誘う名目がなくなるでしょう。