「金のかかる女!」と思われる瞬間7パターン

一度、デートしただけで音信不通となってしまった経験はないでしょうか。もしかしたら、「金のかかる女」だと思われ、男性が離れていってしまった可能性があります。では、どのような瞬間に、男性は「金のかかる女だなぁ」と思うのでしょうか。そこで今回、「金のかかる女」に関するアンケートであった、7つの代表的な意見を紹介させていただきます。

  • 【1】高級ブランドの新作にやたらと詳しいと思った瞬間

    「高級ブランドの新作にやたらと詳しい女は、男に買ってもらうことが多く、金がかかる気がする。」(30代男性)、高級ブランドの新作情報に詳しいことで、「金がかかる」と思われるパターンです。 男性と高級ブランドのお店に行ったとき、「これ新作だ!」と表現することは我慢し、「これ素敵!」などの表現に留めた方が良いでしょう。