年上彼氏への敬語をやめるキッカケ8パターン

年上彼氏とのお付き合いにおいて、最初に悩むのは敬語をやめるタイミング。周囲にアドバイスを求めても、「自然と敬語はなくなるよ。」と言われ、悩みを解消できなかった経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回、「年上彼氏への敬語をやめるキッカケ8パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】「よそよそしい感じがするので、敬語はやめてもいいですか?」とお願いする。

    素直にお願いするパターンです。自分の意思をはっきり伝えながら、彼氏の本音や要望も聞き出すことができます。ただし、「タメ語でもいいよ!」と言われても、ちょっと照れくさく、すぐにタメ語に変更できない方も多いので、慣れるまである程度の時間が必要となるでしょう。
  • 【2】「敬語とタメ語どっちがいいですか?」と要望を聞く。

    彼氏の要望を聞き出すパターンです。万が一、彼氏が「どっちでもいいよ。」と言った場合には、その後、「私はタメ語がいい!」とハッキリと切り出せる勇気が必要となります。また、要望を聞いた場合、「敬語がいい!」と言われた場合には、「タメ語がいい!」と自分の意見を率直に伝え、議論に発展させる必要があります。