年下男性と付き合うときに気をつけたいこと8パターン

  • 【5】相手に遠慮せず、本音で話すことを心がける

    ふたりの対話のなかで、自分のほうが年上だということを意識しすぎる必要はありません。喧嘩するときには真正面から気持ちをぶつける、悩んだときには本音を吐き出すなど、遠慮せずに堂々と同じ目線で話をしましょう。ただし年齢差に関する部分で不安や不満を口にする場合には、相手の誤解を招きがちなので、言い方に気をつけたほうがよさそうです。
  • 【6】ふたりきりのときにはしっかり甘える

    人前では、しっかり者で気配りができると評判の「年上の彼女」が、彼氏とふたりきりの帰り道には、急に甘え上手になる。そんなギャップが彼氏にとって、年上女性と恋愛する醍醐味なのではないでしょうか。彼氏の前でだけは「素の自分」をさらけだしてみましょう。