ジャニヲタであることが彼氏にバレたときのひと言9パターン

異性のアイドルにハマることと、彼氏との恋愛は別次元の話。とはいえ、両方「大好き」なのは同じです。そういう意味では誤解を招きやすいだけに、自分がジャニーズファン、通称ジャニヲタ&であることを彼氏に言いづらいと思っている女性も多いようです。そこで今回は、ジャニヲタであることが彼氏にバレてしまったときのひと言を9パターン紹介いたします。

  • 【1】「お母さんの影響なの。」

    ジャニーズ鑑賞が家族ぐるみの開放的な趣味であることをアピールしつつ、お母さんを盾にすることで否定できない雰囲気を作るパターン。ハマったきっかけが恋人の有無とは関係ないこともわかるので、彼氏もちょっと安心できるはず。
  • 【2】「歌が好きなんだよね。」

    ジャニーズが好きだからといって、彼氏にオスとしての勝敗を意識されるのは非常に面倒。最初の段階で「イケメンだから好き。」と言うよりも、「歌がいいから好き。」と言っておけば、彼氏の劣等感を刺激しないで済むはずです。