バレンタイン直前の男性の本音9パターン

  • 【9】恋愛と縁遠いことを、改めて認識し、悲しんでいる

    恋愛事情は乾ききっているので、何も期待がありません。悲しい...(20-24歳 男性)改めて、自分が恋愛と縁遠いことを嘆くきっかけにもなるようです。

バレンタインは、義理チョコをいくつもらえるかという、異性から自分への人気度を測る日から、本命の相手とどう過ごすか、また、恋人がいない人にとっては改めて自分の恋愛事情について考えてみるきっかけの日となっているように感じます。2月14日を前にいろいろな態度をとる男性がいるようですが、コメントを見る限り、反バレンタインの人も含めて、「気になっている」ことには今も昔も変わりないようです。あなたは今、バレンタインを前にしてどんな気持ちでいますか?あなたの気持ちを教えてください。(高野美穂)
Photo:All images by iStock