男性の勘違いを防止?! 義理チョコを渡すときの9つポイント

日本のバレンタインデーは複雑です。「愛の告白をする日」と「義理への感謝をする日」というふたつの側面があり、場合によってはそれがミックスされてチョコが渡されるので、男性はリアクションに困ってしまうことがあるのです。そのため、渡すチョコが義理である場合はわかりやすいサインを出してあげることが肝心。そこで今回は、男性の勘違いを防止するための、義理チョコの渡すときの9つのポイントを紹介いたします。

  • 【1】あえて手作りを避ける

    たとえ本命チョコを作るときに生じた残りカスを義理チョコに流用しているだけだとしても、男性は手作りチョコに敏感に反応します。「俺に気があるのか?」という誤解を与えないためには、義理チョコは買った方が良いでしょう。
  • 【2】皆に同じチョコを配る

    バイト仲間や会社の同僚に送る義理チョコは、基本的に同じものを配った方が良いでしょう。渡す相手の役職や年齢でチョコを差別化するのはアリですが、同じ属性の相手に違うチョコをあげると男性たちが推理合戦を始めてしまいうかもしれません。