エリートぶってる男性の自尊心をくすぐる一言8パターン

自称・他称問わず「自分はエリート」だということを意識している男性。そんなエリートぶっている男性の態度に、手を焼いている女性は少なくありません。こうした男性に出会ったら、とりあえず自尊心をくすぐるような言葉をかけて、様子を見てみましょう。今回は、この手の男性と円滑にコミュニケーションをはかり、以降の対応の参考にするために、「エリートぶってる男性の自尊心をくすぐる一言8パターン」をご紹介します。

  • 【1】「◎◎大学出身の人と初めて喋った!」 学歴や職業は5割増ぐらいで賞賛する

    エリートぶってる男性は、普段から「すごーい!」と言われ慣れているので、いまさら出身校や職業を賞賛されても「別に」という顔をするかもしれませんが、まずは挨拶かたがた「わたしはあなたをエリートだと理解しています」という態度を示しましょう。ひとつの社交辞令です。そこでベラベラと経歴自慢が始まるような男性なら、「大人げないなあ」と適当に聞き流しましょう。