デート後の社交辞令LINE7パターン

イマイチなデートでも、男性からLINEが来たのであれば、返信するのは礼儀。しかし、LINEを送る内容によっては、男性を「その気」にさせてしまう可能性があるので注意が必要です。そこで今回は、社交辞令であることが伝わるように「デート後の社交辞令LINE7パターン」をご紹介させて頂きます。

  • 【1】できるだけ、少ない文字数でLINEを作る。

    何気なく付け加えた一言が男性を「勘違い」させる場合があります。「今日はありがとうございました。楽しかったです。」など男性が期待しないように、お礼と感想だけの内容を意識することが大切です。