「クリスマス?女同士で寂しく反省会」と答える5つのメリット

クリスマスムードが高まる12月において、クリスマスの予定を聞かれる方もいらっしゃると思います。もし気になっている人からクリスマスの予定を聞かれた場合、皆さんはどのように答えているでしょうか。今回は、「恋人がいない女同士で寂しく反省会だよ。」と答えることをオススメします。この答え方には、5つのメリットがあります。

  • 【1】彼氏がいないことを伝えることができる。

    クリスマスは恋人たちだけのものではありません。恋人のいない方にとって、「私は、恋人がいません。」と公にアピールできる絶好の機会です。クリスマスの予定を聞かれたことをきっかけに、恋人がいないことを男性に伝えましょう。これは、男性を恋愛モードにさせるための第一歩です。
  • 【2】「寂しく」というセリフにより、素直な女性だと思われる。

    「寂しく」という言葉がポイントとなります。「恋人がいないクリスマス=寂しい」という一般的な想像できるような感情を素直に披露することで、自分の感情に素直な女性だと思われ、好感度がアップします。一方、クリスマスの話題を出すだけで、「クリスマスの起源というのはそもそも...」「商業戦略に乗せられているだけ。」とムキに答える人がいます。このような対応では、予定を聞いてきた相手に対していて良い印象を与えないので注意しましょう。