「そこまでのワガママ、温厚な俺でも許さんぞ!」と彼氏がブチ切れる一言9パターン

9 Types of Selfish Behavior that Are Deal Breakers for Men

彼女のワガママを聞いてあげるのが好き、という男性は決して少なくありません。しかし、同じワガママでも内容によっては、彼氏を呆れさせたり、不快感を与えてしまうケースもあるようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「『そこまでのワガママ、温厚な俺でも許さんぞ!』と彼氏がブチ切れる一言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】仕事中なのに「今すぐ会いに来て!」と本気でねだられる

    「現実を考えてほしい」(20代男性)など、彼氏の都合を考慮しないワガママは、本気だと引かれてしまいます。明らかに彼氏を困らせる無茶振りは控えるべきでしょう。ただし、同じセリフでも冗談混じりなら「カワイイ」と思ってもらえそうです。
  • 【2】付き合い始めたばかりで「一緒に暮らしたい」と同棲を提案される

    「何か裏がありそう」(20代男性)など、あまりに性急な同棲の提案は、彼氏を不安にさせるようです。恋心が高まると「ずっと離れたくない!」と思うものですが、まずはデートを重ねてお互いの人となりを深く知ることから始めるべきでしょう。