男性が激しく燃え上がってしまった「障害のある恋」9パターン

ロミオとジュリエットの物語にあるように、障害がある恋ほど気持ちが燃え上がるというロマンチックな男女は少なくありません。しかし、現代における「恋の障害」とは、一体どんなものでしょうか? そこで今回は『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「男性が激しく燃え上がってしまった『障害のある恋』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】彼女の両親から交際を反対され、人目を盗んでこっそり付き合った

    「夜遅くまでデートできなかったけど、電話で毎晩話し込んだ」(20代男性)など、相手の両親に反対されたことで、かえって男性の情熱に火がついたケースです。誠実な交際を続けることで、いつか認めてもらおうという意欲が湧き上がるのかもしれません。