「あのとき動いていれば…!」と男性が気弱な自分を後悔したこと9パターン


恋のチャンスを前に、もう一押しできなかった自分を悔やむ男性は意外と多いようです。男性がどんなときに行動を起こせずモタついてしまうのかわかれば、勇気を出せるように後押ししてあげることもできるのではないでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに、「『あのとき動いていれば…!』と気弱な自分を後悔したこと」をご紹介します。

  • 【1】相手の好意を知っていたのに、告白を先延ばしにしてしまった

    「なんかビビっちゃったんですよね…」(10代男性)など、告白する気はあるのに、つい気後れしたり、もったいぶったりしてしまう男性もいるようです。じれったい距離感が続くようなら、「待つのに疲れちゃいそう」などと相手を焦らせるのも手かもしれません。