そんなの今だけ!思わず忠告したくなる後輩女性の恋愛行動9パターン


若いうちだけ許される「可愛さアピール」をいい大人になっても使いつづけると、「痛い女」と思われてしまうかもしれません。しかも、ずっと若さ頼みでは年をとってからの恋愛で苦戦続きとなるでしょう。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに「『年をとったら通用しないよ!』と忠告したくなる後輩女性の恋愛行動」を教えていただきました。

  • 【1】おバカキャラや不思議キャラで可愛さをアピールすること

    「痛いので10代で卒業して」(20代女性)というように、男性ウケを意識したキャラづくりは、周りの女性から憐れみの目で見られてしまうようです。自分にウソをついているといつかボロが出るので、素の自分で勝負しましょう。

  • 【2】男性の視線を意識し、露出が多いファッションを選ぶこと

    「若いカラダをウリにできる期間は短い」(30代女性)というように、肌で男性を誘惑するのは限界がくると助言する女性もいます。肉体的な衰えに備え、仕事や勉強、習い事などを通じて、いつまでも衰えない内面の魅力を磨いておくといいかもしれません。

  • 【3】告白やナンパされたことをわざわざ報告し、男性を焦らせること

    「今はキャッチ以外で声かけられない」(30代女性)というように、他の男性を小出しにして気を引くのは、いずれ難しくなると語る女性も。男性の気を惹きたいなら、「もっと私を見てほしい」などと直球で訴えたほうが、年齢問わず受け入れられるでしょう。

  • 【4】合コンなどで酔っ払ったふりをして男性に寄りかかること

    「同年代の女友達がしているのを見るとツライ」(30代女性)というように、いい大人の女性がお酒の場での大胆なスキンシップをすると必死さが伝わり、場が白けるようです。スポーツや趣味といった共通の話題を探すなど、コミュニケーションを重視すれば年齢関係なく受け入れられるでしょう。

  • 【5】「ハイッ!」というやたら元気でぶりっ子な返事をすること

    「入社3カ月で通用しなくなる」(20代女性)というように、ブリブリの返事が許されるのは自分が新顔のうちだけで、次第に周囲をイラッとさせてしまうようです。声のトーンを落とすなどして、返事の可愛さよりも、真剣さをアピールしたほうが周囲の好感を得られるでしょう。

  • 【6】ちやほやされることを当たり前だと思っていること

    「今だけだからね! 今だけ!」(30代女性)というように、無条件でやさしくされるのは若いうちだけと忠告する女性もいます。ただし、自分を特別扱いしてくれる人に感謝しつつ、自分磨きを続ければ人気者でいられるかもしれません。

  • 【7】「頼りになるのは○○さんだけです」と男性の先輩に色目を使うこと

    「ただ仕事ができない女だと思われる」(30代女性)というように、かわいい後輩を演じられるのは数年だけという女性もいます。未熟さをウリにするよりも、一生懸命仕事に打ち込む姿勢に惹かれる男性も多そうです。

  • 【8】連絡は男性からするものと決めつけ、自分からは意地でも連絡しないこと

    「下らないプライドのために、イイ男を逃す気?」(20代女性)というように、男性に対して受け身でいると、素敵な出会いをつかみそこねると助言する人もいます。変な意地を張らずに、気になる人には自分からも連絡したほうが幸せになるチャンスが増えるでしょう。

  • 【9】男は星の数ほどいると考え、次から次へと乗り換えること

    「実りのない恋愛を後悔する日が来ると思う」(30代女性)というように、多くの男性と付き合っても、真剣でなければ何も残らないと語る女性もいます。恋愛の数を重ねるより、一人の男性を深く知る努力をしたほうが、人としても成長できるのかもしれません。

「『年をとったら通用しないよ!』と忠告したくなる後輩女性の恋愛行動」には、ほかにどんなものがあると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock