年齢を重ねて幻想だったと気づいた「理想の男性像」9パターン

理想のタイプだと思って付き合ったのに、全然うまくいかなかったという人もいると思います。おそらくそれは、男性を間近に見て感じた「理想と現実とのギャップ」に耐えられなかったからではないでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに、「年齢を重ねて幻想だったと気づいた『理想の男性像』」を教えていただきました。

  • 【1】実はコミュニケーション力が無いだけと気づいた「クールな男」

    「ただ話題が乏しいだけの男だった」(20代女性)というように、男性の寡黙なところに惹かれたけれど、単に人と話すのが苦手なだけだったということもあるようです。男性の趣味など、話が広がってしかるべき話題を振ってみて、話すのが苦手なだけではないか見極めましょう。
  • 【2】いざというとき頼りになるとは限らないと知った「年上の男」

    「年齢よりも性格が重要」(30代女性)というように、年上だから頼りがいがあるはず…という期待を裏切られた女性も少なくありません。普段の仕事ぶりや評判などを彼の周囲の人に聞いてみると、頼れる男かどうか判断できそうです。