男性をうっかりその気にさせてしまった「社交辞令の失敗」9パターン

クラスや職場における人間関係を上手く回すために、恋愛対象ではない男性にも愛想よく振る舞うことはよくあります。しかし、「社交辞令」のボーダーを踏み越えると、相手が勘違いしてしまうことも。今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「男性をうっかりその気にさせてしまった『社交辞令の失敗』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】『今度飲みに行こうね』の誘いに「二つ返事でOKした」

    「角が立つと思ってOKしたら…」(20代女性)など、「今度飲みに行こう」は真意を読むのが難しいものですが、うかつに答えるのも危険なようです。「機会があれば是非」など、やんわりと断る玉虫色の解答を用意しておくべきでしょう。
  • 【2】たまたま近くにいた同級生に「食べてるお菓子を分けてあげた」

    「そんなことで心を許されても…」(10代女性)など、親密さのサインと勘違いされるケースも少なくありません。近くの男子にお菓子をあげるなら、別の男子にも同じようにあげるなど、特別扱いをしないことが重要でしょう。