相手にショックを与えず「二件目の誘い」を断る方法9パターン

  • 【3】「また次の機会に行きましょう」と次回のデートを提案しつつ断る

    「次また会えるなら結果オーライ!」(20代男性)など、次回のデートについて自分から提案することで、その日は帰ることを承諾してもらいやすくなりそうです。ただし、本当はその気のない相手に使うと「嘘つき」呼ばわりされかねないので注意すべきでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)