相手にショックを与えず「二件目の誘い」を断る方法9パターン

男性とのデートの際、食事のあとに「二軒目」に移動するのは定番の流れです。もし諸々の理由でそれを断りたい場合は、なるべく男性にショックを与えず、好印象を与える断り方をしたいもの。そこで今回は『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「デートした男性に好印象を与える『二軒目の誘い』の上手な断り方9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「明日は朝5時起きで仕事なんだ」など翌日の予定を伝えて断る

    「朝早い人に無理はいえない…かな」(20代男性)など、翌日の予定を具体的に説明して、それでもなお押してくる男性は多くはありません。さらに、仕事など自分のやるべきことに対して責任感のある性格もアピールできそうです。