仲直りしても男性の心にわだかまりを残す「喧嘩中の彼女の暴言」9パターン

喧嘩中、彼女が怒りにまかせて言ったことが、男性の心に深い傷痕を残すこともあるようです。では、どんな言葉が尾を引いてしまうのでしょう。今回は『スゴレン』男性読者への調査を元に「仲直りしても男性の心にわだかまりを残す『喧嘩中の彼女の暴言』9パターン」を紹介します。

  • 【1】普段から不満があるかのような「私がいつも我慢しているのがわからない!?」

    「『そんなに辛抱してたなら、なぜ今まで黙ってた!』ってガクゼン」(20代男性)と、そもそものふたりの信頼関係を覆しかねない言葉に男性はショックを受けるようです。本当に相手に嫌なところがあるなら、普段から「ココを直して」とお願いしておけば、思わず言ってしまっても後を引かずに済みそうです。
  • 【2】親のことを侮辱するかのような「どんな育てられ方をしたの」

    「俺のことを悪く言うのは我慢できるけど、これは許せない!」(30代男性)というように、育った家庭を引き合いに出されると、男性は黙っていられないようです。真剣交際であれば結婚の話までなくなりかねないので、発言には用心しておきましょう。