年下の彼氏にプロポーズさせる!さりげなく「結婚願望」を伝える一言9パターン


女性が年上というカップルの場合、「自分は結婚適齢期だけど、彼が年下なのでなかなか結婚の話し合いができない」と悩む人も少なくないと思います。なるべく彼にプレッシャーを与えず結婚を意識させるにはどうしたらいいのでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんの意見を参考に「年下の彼氏にプロポーズさせる!さりげなく『結婚願望』を伝える一言9パターン」を考えてみました。

  • 【1】「同級生が今結婚ラッシュなのよね」と結婚適齢期であることをアピールする

    「結婚したくて焦っている気持ちを理解しやすいと思って」(30代女性)というように、同級生の話を通じていいお年頃であることを分かってもらえそうです。「とっても幸せそうだったよ」など、友達の様子に軽く触れると、彼にも意識してもらえるかもしれません。