「いつも割り勘」の彼氏にたまにはご馳走してもらう方法9パターン

「いつもじゃなくてもいいけれど、たまにはご馳走してもらいたい」というのが女性の本音。そこで、おごられ上手な『オトメスゴレン』女性読者への調査を元に、「『割り勘が当然!』という彼氏にたまにはおごってもらうための行動9パターン」をご紹介します。彼氏が「割り勘主義」の人は、試してみるのもひとつの手かもしれません。

  • 【1】先に自分がおごり、「次はお願いね」と伝える

    「自分からご馳走すると『次はおごって』と言いやすくなります」(20代女性)のように、恩に着せることで自己主張がしやすくなるようです。お金のことに限らず、してもらいたいことを先に彼氏にしてあげると、持ちつ持たれつのいい関係が築けるでしょう。