「今なら別れを回避できるのに…」と悔やまれる、若き日の痛い行動9パターン

  • 【9】一人の男性に留まりたくない「浮気症女」だった

    「自分も浮気されて初めてひどかったと実感した」(20代女性)など、恋人を裏切った過去を猛反省する女性もいるようです。多くの男性に好かれたいモードのときは、相手を傷つけないように特定の彼氏を作らないスタンスをとることをお勧めします。

ほかにも「『今なら別れを回避できるのに…』と悔やまれる、若き日の痛い行動」はありますでしょうか。みなさまの意見をお待ちしています。(富岡由郁子)
Photo:All images by iStock

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)