「つき合う前はそこが素敵だと思ったのに…」と後悔したダメンズ9パターン


「なんて良い人!」と思ったのに、つき合い始めたら実はガッカリな男子だった…ということは多いもの。では、「隠れダメ男」を見分けるにはどうしたらよいのでしょう。今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査を元に「『つき合う前はそこが素敵だと思ったのに…』と後悔したダメンズ9パターン」を紹介します。

  • 【1】心配してくれているようで、彼女の行動にイチイチ口を出す「束縛男」

    「私にべた惚れだと思ってたのに…」(20代女性)など、彼女の動きをやたらと気にする男子は、独占欲が強い場合があります。「友人と予定が」と言ったとき、必要以上に「誰と?」「どこに?」と聞かないか、つき合う前に何度か反応を確認するとよさそうです。