うわ、激マズ…男性に案内された飲食店でのやり過ごし方9パターン

好きな男性が通っている店の食事がどうしても口に合わないこともあると思います。できれば、お店や男性の味覚を否定せずに、自分好みでないことを伝えたいところです。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者の声を参考に、「男性に案内された店の食事が、とんでもなくマズかったときのリアクション」を考えてみました。

  • 【1】「ハマる人はハマる味だねー」とそれとなく自分好みでないとアピールする

    「私はハマらない人だけどね…」(20代女性)というように、味を全否定せずに「好きな人もいる」と言えば、男性は気分を悪くしないでしょう。「私はちょっと苦手だけど」と申し訳なさそうに付け加えれば、一緒のときはその店をさけてくれそうです。