実は内心男性が後悔している「彼女への無神経発言」9パターン


付き合っていると、気持ちの油断からついうっかり彼女へひどいことを言ってしまうことがあります。では男性は自分のどんな発言を後悔しているのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「実は内心男性が後悔している『彼女への無神経発言』」をご紹介します。

  • 【1】「結婚するわけじゃあるまいし…」

    「10代だからお互い結婚なんて考えてなかったけど、さすがに言うべきじゃなかった」(20代男性)など、たとえ真実でも言うべきでなかったと後悔する男性もいます。自分の本音とは多少違っても、女性の恋愛ムードを壊さない発言を心がけてはいかがでしょうか。

  • 【2】「オレより胸小さいんじゃない?」

    「胸のことを気にしてたから、本気で怒らせちゃった(苦笑)」(20代男性)など、女性のコンプレックスを刺激するような発言は問題になりそうです。ぽっちゃりした体型や細い目についても悩む女性が多いので、極力話題にしないほうが無難でしょう。

  • 【3】「化粧しないほうがいいよ」

    「素顔がキレイな子だったから、褒め言葉のつもりだったんだけど…」(20代男性)など、褒め言葉のつもりで言ったことが誤解されるケースもあります。「素顔もかわいいね」など、ストレートに褒め言葉だと伝わるセリフを選ぶといいでしょう。

  • 【4】「彼女は取り替えがきくけど友達はかわりがない」

    「『君より友達のほうが大事』って意味だと思ったみたい。泣かせちゃいました」(20代男性)など、一般論もときに彼女を傷つけることがあるようです。彼女の前では、恋人と何かを比べるような発言は慎んだほうがいいでしょう。

  • 【5】「自分ってものがないよね」

    「軽い気持ちで全否定しちゃった。悪いことしたな」(20代男性)など、本音であっても伝えるべきでないこともあるようです。彼女のためを思うなら、「もう少し自分の主張をしてもいいんじゃない?」など、ソフトに諭してあげましょう。

  • 【6】「前の彼女のほうがかわいい」

    「ケンカをしてたから、完全に口が滑った」(20代男性)など、うっかり禁句を口にして後悔する男性もいます。腹が立っているときは、発言が雑になるものです。思ってもないことを言ってしまわないよう、頭に血がのぼりやすい人は特に注意が必要でしょう。

  • 【7】「毎日会うと疲れる」

    「仕事が忙しくて、つい愚痴ってしまった」(20代男性)など、八つ当たり同然の責任転嫁で彼女を傷つけてしまう男性もいるようです。「毎日会いたいけど、今は仕事が忙しくて…」など、彼女を悲しませない発言を心がけましょう。

  • 【8】「お母さんみたいな味付けがいい」

    「『マザコン男!』って怒られました(苦笑)」(20代男性)など、彼女と母親を比べる発言をすると反感を買うことが多いようです。「お母さんの…」ではなく、「もう少し濃い目の味付けが好き」などと言えば、問題なく受け入れてもらえるでしょう。

  • 【9】「年考えた格好したら?」

    「彼女のほうが年上だったから、余計に腹が立ったみたい」(20代男性)など、年齢に関する発言は、特に自分の年齢を気にする女性にとってご法度と言えそうです。「大人っぽい格好も似合いそうだね」など、褒め言葉と組み合わせれば、彼女の気分を害することもないでしょう。

ほかにも「彼女に対するこんな発言を後悔している」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock