「彼の好み」と自分が大違いだったときのリアクション9パターン

  • 【9】「うそ! それって私じゃん!」と全く当てはまっていなくても、ドンピシャだと言い切る

    「全然違っていても、ギャグにはなるでしょ」(30代女性)というように、好みのタイプだと断言することで、相手に気を使わせることなく気持ちを伝えられ一石二鳥となる方法です。「私じゃん!」と勢いよく言いきれば、「確かに…」と理想の女性との共通点を男性が勝手に見つけ出してくれる可能性もありそうです。

ほかにはどんなリアクションが考えられるでしょうか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock