「彼の好み」と自分が大違いだったときのリアクション9パターン

  • 【7】「ふーん、そうなんだー」と興味がないフリをして、違う話題を提供する

    「まだ気があることを悟られたくないから」(20代女性)というように、好みに当てはまらないのなら、すぐアプローチするのは得策でないと考える人もいます。趣味や仕事の話など、お互い共通の関心ごとを見つけて、そこから距離を縮めてもいいかもしれません。
  • 【8】「なんでそういう子が好きなの?」と掘り下げ、自分との共通点を探す

    「言葉通りに受け取ってはダメ」(20代女性)というように、男性の言う「好みのタイプ」を掘り下げていくと、思わぬ共通点が見つかるかもしれません。気落ちせずに「そういう子のどこがいいの?」などとたくさん質問をぶつけてみましょう。