「彼の好み」と自分が大違いだったときのリアクション9パターン

  • 【3】「私もそういう人になれるように頑張ろうかな」と男性への想いをアピールする

    「それとなく気持ちを伝えるチャンス」(10代女性)というように、男性の理想の女性に近づく意思があると言えば、恋愛対象として意識させることができそうです。口先だけでなく、努力の片りんを男性へ見せれば「本気度」をアピールできるでしょう。
  • 【4】「ちなみに私は?」と自分に対する印象をストレートに聞く

    「逆の立場だったらドキっとするでしょ?」(10代女性)というように、自分への感情を聞き出すチャンスと前向きにとらえる方法です。間髪いれずに「私は?」と聞けば、思わぬアプローチに男性は内心ドキドキかもしれません。