「彼の好み」と自分が大違いだったときのリアクション9パターン

気になる男性の「女性のタイプ」に自分が当てはまらなくても、切り返し次第では男性の心をつかむことができるかもしれません。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんと一緒に、「好きな男性の『女性のタイプ』を聞いて、自分とは違ったときに取るべきリアクション」を考えてみました。

  • 【1】「そういう子、たしかにかわいいよねー」と男性の好みのタイプに共感を示す

    「好みのタイプと好きになる子は別」(10代女性)というように、ひとまずその場は男性の話に相槌を打って男性の機嫌を損ねないようにするという人もいます。男性の気分をよくさせつつタイプを事細かに聞きだし、自分ができるところから男性の理想に近づく努力をするのもいいでしょう。