「それは人に言わないほうがいいよ…」と思われる彼氏自慢9パターン

素敵な彼氏ができれば誰でも嬉しくなり、テンションが上がるもの。思わず周囲の友人に「彼氏自慢」をしがちですが、なかには語るべきではないエピソードもあるようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「『それは人に言わないほうがいいよ…』と思われる彼氏自慢9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「アイドルの○○にそっくりなの!」などのイケメン芸能人に似ている自慢

    「彼氏が好きなの? その芸能人が好きなの?」(10代男性)など、「○○に似ている」という表現をすると、ミーハーで軽い性格だと思われそうです。彼氏のかっこ良さを自慢するなら、外見よりも内面を褒めた方が好印象でしょう。
  • 【2】「お金持ちの息子なんだよね」などの実家裕福自慢

    「人間性と関係ないし、お金に目が眩んでいそう」(20代男性)など、彼氏の実家が裕福でも、それを誇らしげに語るのは品のない行為と言えそうです。どうせなら「○○を目指している」「○○を頑張っている」など、彼氏自身の努力について語りたいものです。