『映画 ひみつのアッコちゃん』のセリフに学ぶ、変だけど愛されるOLの心得9パターン

今秋公開される綾瀬はるか主演による『映画 ひみつのアッコちゃん』は、魔法のコンパクトで大人に変身したアッコちゃん(中身は小学生)が、ひょんなことから化粧品メーカーのOLになるお話。破天荒な働きぶりを披露するアッコちゃんですが、不思議と憎めないその言動からは、「変だけど愛されるOLの心得」を学ぶことができそうです。

  • 【1】初対面の挨拶で「いきなりアッコちゃんって呼んでもいいよ!」

    中身が子供のアッコちゃんは、職場であっても初対面の挨拶は超フランクです。そのまま真似すればビジネスマナー違反ですが、「まず自分からオープンに心を開く」という挨拶の仕方は、職場における人間関係を円滑にし、男性社員にも親しまれそうです。
  • 【2】企画で悩む同僚に「面白いって思うことバーってやっちゃえばいいのに」

    斬新なアイデアを実行に移すのは度胸がいるもの。失敗を恐れている男性社員には、思い切って背中を押してあげることで、勇気を与えられそうです。ただし、無責任な放言にならないように、企画について自分なりの意見を出すことも必要でしょう。