若かったな…と反省する「過去の恋愛へのこだわり」9パターン

9 Regrets of Immature Love

若いころは何かと恋愛に理想を抱いてしまいがちですが、大人になってみると「こだわりすぎが失敗の原因かも…」とほろ苦く思ってしまう女性も多いようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートをもとに「『若かったな…』と反省する、昔持っていた『恋愛へのこだわり』」をご紹介します。

  • 【1】告白やデートの誘いは絶対に男性からじゃないとイヤ

    「受け身の女がいい女なんだと思ってました…」(30代女性)など、エスコートされることにこだわり、「待ち」の姿勢でいたことを後悔する女性は多いようです。自分から好意をほのめかすことで、男性がその気になるというケースもあることを肝に銘じましょう。
  • 【2】とことん尽くすのが女で、彼氏の要求には全部答える

    「『俺様』彼氏を育てるだけだった気がします」(20代女性)など、献身的な彼女を演じたせいで、彼氏を増長させてしまった経験を悔やむ女性もいるようです。言いたいことを素直に言える関係を作ってこそ、彼氏の優しさを感じられるのかもしれません。