仕事のパートナーから恋愛対象へ…女として意識する瞬間9パターン

気になる男性がいても、相手は仕事のパートナーとしか見てくれないことがあります。恋愛対象として意識してもらうためにはどうすればいいのでしょうか。そこで、『スゴレン』男性読者への調査を元に、「仕事相手としか見ていなかった女性を、恋愛対象として意識する瞬間9パターン」を紹介します。

  • 【1】プライベートの話を通して、オンとオフのギャップを目にしたとき

    「仕事中とは違う素顔を垣間見ると、もっと知りたくなってしまう」(30代男性)というように、ギャップを知ることで、その女性に興味がわく男性は多いようです。職場の人には知られていない趣味など、私生活での意外な一面をさりげなくアピールしてみるといいかもしれません。
  • 【2】普段そんな気配を見せない女性に、急に恋愛相談をされたとき

    「この人も恋愛するんだなあ…と感じると、急に気になりだす」(20代男性)など、「恋する乙女」の一面を見ることで、その女性が恋愛対象になることもあるようです。過去の失恋話など、弱さを見せると、さらに可能性が増すかもしれません。