男性が妄想する「大好きな女の子からのデートのお誘い」9パターン

  • 【5】「○○くん、家具詳しいよね?」と、自分の趣味や特技をきっかけに誘われる

    「自信を持ってエスコートできそう」(30代男性)など、自分の得意分野で頼られたいと願う男性も多いようです。長々とウンチクを語られても、ニコニコしながら耳を傾けるような包容力のある対応を心がけると、さらに喜ばれるかもしれません。
  • 【6】飲み会後、こっそりと「今度は二人で飲みましょうね」と誘ってくる

    「秘密っぽい感じにドキドキする」(20代男性)など、女性の大胆な行動と秘密の共有にときめいてしまうようです。お誘いの前は何とも思っていないかのように振る舞うほど、二人だけの内緒話が特別なものになりそうです。