彼女が「家族みたいな存在になった」と実感した瞬間9パターン

  • 【4】彼女の両親に交際の挨拶をしたとき

    「責任を背負った気がした」(20代男性)など「守る存在」ができたことで一家の大黒柱を自覚するパターンです。「あなたにならずっとついていきたい」など男性の自尊心を掻き立てると、より「コイツのために頑張ろう」と意気込む男性は多いでしょう。