彼女が「家族みたいな存在になった」と実感した瞬間9パターン

  • 【3】自分が無理に気を遣わずに素でいられるとき

    「気がついたら何でも言えていた」(20代男性)など喜怒哀楽をそのまま表現できる相手に家族のような安心感を抱くようです。ただし、なあなあな関係になりたくないなら、男性が八つ当たりをしたときなどには、「アナタのお母さんじゃないの!」と一喝することも必要かもしれません。