彼女が「家族みたいな存在になった」と実感した瞬間9パターン

カップルにとって永遠に恋人気分でいられることは理想ですが、恋人から家族へと愛の形が変わることも、長く交際を続けるうえでは重要なようです。そこで今回は、『スゴレン』の男性読者に行ったアンケートを参考にして、「彼女が『他人』から『家族みたいな存在』になったと実感した瞬間9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】一緒にいる時間が長いせいか、思考回路が一緒のとき

    「長くいるからだなぁとつくづく思う」(30代男性)など発想の一致が感じられたときに、長い時間を共有している幸せを実感するケースです。「似てきたね」などと嬉しがると、男性がその絆を再認識し、これからもあなたを大切にしようと思うのではないでしょうか。
  • 【2】相手の実家や自分の実家で夕飯を家族と一緒に食べているとき

    「家族と楽しくご飯を食べている彼女をみると嬉しい」(20代男性)など彼女が自分の家族と自然と馴染んでいる様子が微笑ましいようです。「お母さん、とてもいい人だね」など男性にとってかけがえのない家族を褒めると、「早く仲間入りさせたい」と思ってくれるかもしれません。