相合い傘しない?男性を胸キュンさせるかわいい一言9パターン

  • 【7】「もー! せっかくのデートなのに…」とデートを心待ちにしていたことを伝えつつ男性の傘に入る

    「自分とのデートを楽しみにしたとわかれば喜ぶはず。逆の立場ならそうだから」(20代女性)というように、雨を残念がりつつ傘に入るのもいいかもしれません。ただ短気なだけだと誤解されぬよう、できるだけかわいく怒りましょう。
  • 【8】「一本あれば十分だよね!」と当然のことのように自分の傘をしまう

    「二人とも恥ずかしがっているときにいいかも」(10代女性)というように、すでに二人とも傘をさしている場合は、自分の傘を畳んでしまってもいいでしょう。それでも恥ずかしいときは、相合傘をしているカップルを羨ましそうに見ながら言ってもいいかもしれません。