女友達の恋愛を「何がなんでも応援したい!」と思うとき9パターン

女性にとって恋愛と並んで大切なのが友達。その友達から恋愛の悩みを聞かされて、「ふーん」と思うか「応援する!」と思うかは、その時々の状況によって変わってくるようです。今回は、『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「女友達の恋愛を『何がなんでも応援したい!』と思うとき9パターン」をご紹介します。

  • 【1】自分だけに恋愛の悩みを打ち明けてくれたとき

    「その信頼に応えなきゃ!」(20代女性)など、数いる友達のなかから「自分だけが相談された」という特別感で、友達を応援したくなる女性は多いようです。気軽には口にできない秘めた思いほど、人を動かす力をもつのかもしれません。
  • 【2】シャイな友達が珍しく積極的にアプローチしているとき

    「これは本気だってわかるから」(10代女性)など、奥手な友人が頑張って自分から動いている姿を見て、心を打たれる女性も多いようです。ただ待つだけの恋愛スタンスだと、周囲としても応援しようがないとも言えそうです。