女性先輩社員が「かわいいところあるじゃん!」とかまいたくなる新人男性社員9パターン


年の差カップルが珍しくなくなった今、新人男性社員と女性先輩社員との間に恋が芽生えることも「よくある話」と言えそうです。そして、憧れの先輩女性と恋仲になるためには、新人という立場を生かし「かまってあげたくなる存在」になることが近道かもしれません。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに、どんな新人を見るとかまいたくなるのか教えてもらいました。

  • 【1】「ハイッ!」という感じで返事の威勢がいい

    「ベタだけど、ベテランにはないフレッシュさがいい」(20代女性)というように、ハキハキした返事はそばで働く先輩女性の心にさわやかな風を吹き込んでいるようです。元気のいい返事とキビキビした動きを合わせれば、よりフレッシュさを感じてもらえるでしょう。

  • 【2】少々無理なお願いをしても文句を言わない

    「つまんない雑務でも嫌な顔一つしない。『いい子だなー』と思うよね」(20代女性)というように、どんな仕事にも気持ちよく対応する素直さに好感を抱くようです。言われてからではなく、お願いされる前に動けると「気が利く子」という印象も与えられるでしょう。

  • 【3】仕事は何にもできないけれど、とてもひたむきに頑張る

    「ダメダメだけど一生懸命。母性本能がくすぐられる」(30代女性)というように、不器用でもひたむきな新人を見ると放っておけないという女性もいます。周りの同期より仕事ができなかったとしても、前向きな気持ちだけは負けないようにしたいところです。

  • 【4】意外な趣味を持っているなど、プライベートが興味深い

    「瞑想とかスカイダイビングの話に食いついてしまった」(20代女性)というように、珍しい趣味を持っている新人は興味を持った先輩から話しかけられやすくなりそうです。スカイダイビング、バードウォッチングなど、一般の人が「名前はよく聞くけどくわしく知らないような趣味」だと好奇心をくすぐれるでしょう。

  • 【5】少しぎこちないところがあるけれど言葉遣いが丁寧

    「流暢な言葉遣いより萌えるかも」(20代女性)というように、尊敬語がどこかぎこちないという新人は、ひときわかわいく見えるようです。とはいえ、あまりにも使い方が間違っていたりすると「これだから新人は」などと思われてしまうかもしれません。

  • 【6】スーツや制服をうまく着こなせていない

    「会社に染まっていない感じがしてイイ!」(30代女性)というように、スーツや制服を着なれていない新人にピュアな印象を抱く女性もいます。ただし、「着こなせていない」のと「だらしないこと」は別なので、清潔な身だしなみを意識しましょう。

  • 【7】困ったことがあったとき、一番に相談してくれる

    「一番頼りにしてくれているようで嬉しい」(20代女性)というように、自分を一番信頼してくれている新人のことは、どうしてもひいきしたくなるようです。「○○さんにしか相談できないんですけど」などと前置きすれば特別視していることが伝わるでしょう。

  • 【8】とても謙虚で先輩を立てるのが上手

    「有名大卒で腰が低いとか、かなり好印象」(20代女性)というように、先輩を敬う態度を取ることができる新人は、先輩に目をかけてもらいやすいようです。むやみに先輩をおだてても信用されないので、本当に感謝・尊敬の気持ちを抱いたときのみ言葉にして伝えましょう。

  • 【9】先輩社員にお願いをするのが得意

    「丁寧なお願いなら悪い気はしないし、話す機会も増えて仲良くなりやすい」(20代女性)というように、先輩の力を借りることで二人の距離が縮まることもあるようです。「お忙しいところすみませんが…」のように丁寧な前置きをすれば、嫌な顔をする先輩はいないでしょう。

「女性先輩社員が『かわいいところあるじゃん!』とかまいたくなる新人男性社員」には、ほかにどんな特徴があると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock