男性が「一体、用件は何なんだ…?」と困惑してしまうLINE9パターン

男女のコミュニケーションにおいてLINEは重要ですが、女性に比べて男性は「用件のないやり取り」を苦手とする人が多いようです。そんな男性を困らせてしまうLINEにはどんなものがあるでしょうか? 今回は、『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「男性が『一体、用件は何なんだ…?』と困惑してしまうLINE9パターン」をご紹介します。

  • 【1】文章すら入力されていない「スタンプだけのLINE」

    「何を返せばいいの?」(20代男性)など、感情を伝えるのに便利な「スタンプ」も、それだけでは意味を汲み取れない男性は多いようです。相手が返事をしやすいような文章を一言でも添えると、返信率が上がりそうです。
  • 【2】「週末、映画に行くんだ! 一人で!」などの「個人行動予告LINE」

    「一緒に行きたいってこと?」(20代男性)など、唐突に自分のスケジュールを伝えるLINEは、送られた男性が深読みしてしまうようです。デートの誘いであれば、「暇だったら一緒に行かない?」と素直に伝えたほうがいいかもしれません。