「マジで絡みづらい!」と男性が悶絶する不思議ちゃん9パターン

個性的でありたいと願う女性が陥りがちな甘い罠、それが「不思議ちゃん」。ときに過剰となる自己アピールが、出会った男性を困惑させる恋愛上のブレーキにもなってしまうようです。今回は『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「『マジで絡みづらい!』と男性が悶絶する不思議ちゃん9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「絶対白馬の王子様が迎えに来てくれるのー」など夢見がちな発言をする

    「来たらいいね、と冷ややかに思う」(20代男性)など、願望としてはありがちな「白馬の王子様幻想」も、実際に口に出すと男性を閉口させてしまうようです。正体不明な王子様を待つよりも、目の前にいる男性とコミュニケーションを深めたいものです。
  • 【2】「行ってきまーす! スタスタッ!」など自分の行動に口で効果音を付ける

    「見ているこっちが恥ずかしくなる」(20代男性)など、行動にマンガっぽい効果音を付ける行為は、周囲の男性を気恥ずかしい気分にさせるようです。現実において余計な演出は寒々しいもの。効果音は自分の心のなかだけで鳴らしたほうがよいでしょう。