「都合のいい女」扱いされないために心掛けたいこと9パターン

9 Mindsets to Help You Avoid Becoming Someone’s “Convenience”

好きな男性にもてあそばれて辛い思いをしたことのある女性は少なくないでしょう。同じ悲劇を繰り返したくなければ、「都合のいい女」扱いされることを防ぐように行動するといいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に、「『都合のいい女』扱いされないために心掛けたいこと」をご紹介します。

  • 【1】男性の顔色を気にしすぎず、嫌なことは嫌とハッキリ断る

    「ちゃんと断らないと、相手の要求がどんどんエスカレートするので…」(20代女性)というように、男性の言いなりになりたくなければ、ときにはきっぱり断る勇気も必要でしょう。一度や二度お願いを拒んだくらいで離れていくような男性なら、それまでの縁だったと割り切りたいところです。
  • 【2】男性の前で「好き好きオーラ」を出しすぎないようにする

    「『好き』だと思わせてはダメ。付き合う前に遊ばれちゃう」(10代女性)というように、好意に付け込まれたくなければ、ある程度の「駆け引き」は心掛けたほうがよさそうです。少なくとも、正式に交際をスタートさせるまでは体を許すべきではないでしょう。