男性が「もらって困る」バレンタインのチョコレート8パターン

バレンタインのチョコレートは、男性にとってうれしいものだと思いますが、ときには「そうは言っても、困った…」といった状況もあるようです。せっかく渡したチョコレートで気まずい思いをしないために、今回は『スゴレン』の男性読者に聞いた「『もらって困る』バレンタインのチョコレート」についてまとめてご紹介します!

  • 【1】いかにも「手抜き」という雰囲気がただよう義理チョコ

    「麦チョコでもお返しは必要なのか?」(20代男性)など、「手抜き」感ただよう義理チョコへの対処に苦慮させてしまうケースです。「『本命』と誤解させないため、わざと安物に?」(20代男性)というように、深読みして不快に思う男性もいるので注意が必要です。
  • 【2】お返しをどうしたらいいのか悩むほど高級そうなチョコレート

    意外と多かったのは、「高級すぎるチョコも困る」(20代男性)という意見です。「ホワイトデーが面倒」(10代男性)、「お返しのレベルが高すぎても勘違いされそう」(30代男性)など、贅沢な悩みといってしまえばそれまでですが、かなり負担に思う男性もいるようです。