男性からドン引きされてしまう「追っかけ行動」9パターン


恋は盲目。とはいえ、好きな思いがあまりに強く、行動的になりすぎると「ストーカー…?」とも思われかねません。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「男性からドン引きされてしまう『追っかけ行動』」をご紹介します。

  • 【1】帰宅のタイミングで「そろそろ着いた?」とメールをする。

    「どこで見てるの!?って感じ。ちょっと怖いよ」(20代男性)というように、メールのタイミングがよすぎると、見張られているように感じて、怖がる男性もいるようです。「私は家に着いたよ」などと付け加えると、監視されているような怖さはなくなるでしょう。

  • 【2】電話がつながらないと何度もかけ続け、着信履歴をいっぱいにする。

    「仕事中なんだってば! 緊急じゃないのに必死にならないでよ…」(20代男性)など、相手の都合を考えずに連続で着信を残すと、その執念に引かれてしまうようです。着信履歴にズラリと同じ名前が並ぶ画は怖いので、何度もかけ続けるのはやめたほうがいいでしょう。

  • 【3】よく「昨日○○にいたよね」と言う。

    「何で知ってるの!?つけられてるみたいで嫌だな」(20代男性)など、知らないうちに行動が見られていることを嫌がる男性もいるようです。こっそり見つめていることがバレると陰気な印象を与えてしまうので、見かけたらその場で声をかけたほうが無難でしょう。

  • 【4】「いま誰といるの?」という内容のメールや電話が多い。

    「彼女でもないのに関係なくない?」(20代男性)と、バッサリ斬る男性多数。あまりに男性の行動を気にする内容のメールや電話が多いと、うっとうしく思われることもあるようです。気にしたところでどうにもならないので、確認するのはやめたほうがいいでしょう。

  • 【5】返信していないのに連続でメールを送る。

    「せめて返事待ってよ。連続だと必死感が伝わって怖い!」(20代男性)というように、女性の必死な態度は男性の気持ちを冷めさせるようです。メールも会話のひとつ。言葉のキャッチボールを楽しむ余裕を持ちましょう。

  • 【6】ブログを熱心に読み込んで行動を把握している。

    「本人に言ってないことまで知ってるのはちょっと…」(20代男性)と、引き気味の男性も。ブログを熱心に読むのは悪いことではありませんが、情報源として活用すると、嫌がられることもあるようです。たとえブログを読んで知っていても、相手に悟られないようにしたほうがいいでしょう。

  • 【7】約束もしていないのに家の前で待っている。

    「意味がわからない。遊びに来るなら連絡して!」(20代男性)など、アポなし行動は嫌われる可能性が高いようです。男性にも予定があります。家の前で待つような無遠慮な行動は慎んだほうがいいでしょう。

  • 【8】勝手にお揃いのストラップなどを買っている。

    「お揃いのグッズは一緒に買ってこそ意味があるもの。わざわざ同じ物を買うのはキモイ」(20代男性)と、拒否反応を示す男性多数。好きな男性と同じ物を持ちたい気持ちはわかりますが、やめたほうがいいでしょう。どうしてもお揃いにしたいなら、勇気を持ってプレゼントしたほうが、まだ印象がいいかもしれません。

  • 【9】彼女でもないのに写メを待ち受け画面にする。

    「その写メが隠し撮りだったりしたら…考えただけでも怖い」(20代男性)という意見もあり、好きな男性を待ち受け画面にするのはかなりリスキーな行動だといえそう。アイドルではないので、相手の気持ちも考える必要があります。あまり独りよがりな行動はとらないほうがいいでしょう。

ほかにも「こんな行動がドン引きされる」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock