デートに遅刻しても男性が許してしまう「謝罪LINE」9パターン

デートに遅刻をして、男性を「早く会いたかったのは俺のほうだけ?」とシラケた気分にさせてしまったら、楽しい一日が台無しです。そんなことにならないよう、遅刻をする場合、どんな連絡を入れるべきでしょうか。今回は、『スゴレン』男性読者に聞いた「デートに遅刻しても男性が許してしまう『謝罪LINE』9パターン」を紹介します。

  • 【1】「○分遅れます」と、待ち時間がハッキリしているLINE

    「10分なら本屋で、30分ならほしいPCをチェックしに電器屋へなど、時間のつぶし方も変わる」(20代男性)と、時間を有意義に使うため、到着時間を教えてほしいようです。ただし、伝えた時間にさらに遅刻をすると印象は最悪かもしれません。なるべく正確に伝えましょう。