恋愛中に読むと感情移入できる「少女マンガ」9パターン

  • 【4】恋する心の痛みを描く『僕等がいた』(小畑友紀)

    「失恋したとき読んで泣きました」(10代女性)など、恋心の難しさやもどかしさにぶつかった女性の気持ちに寄り添ってくれる作品といえそうです。悲しいだけでなく希望がある内容なので、読めば次の恋に踏み出す勇気もわいてくるかもしれません。